運命や相性のタロット占い

運命や相性のタロット占い

タロット占いとは

タロット占いとは、それぞれに意味おあるカードを用いて運勢を占う占い方法のひとつです。
大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚の計78枚のカードで占います。

 

裏向きに置いたカードをシャッフルし、法則にのっとって並べます。
その並べたカードの絵柄や向きなどによって、運勢を占います。

 

タロット占いには様々な解釈があり、占う者によってその解釈は異なります。
これで正解であるという解釈はないので、占い師次第というところもあります。

 

タロット占いでは、「明日の運勢は?」といったような抽象的な相談は出来ません。
具体的に占う内容が決まっているほうが、きちんとした正解を出すことが出来ます。ですからタロット占いをするときには、具体的に相談するようにしましょう。

 

それぞれのカードの意味を知ることも大切で、その解釈にも様々な解釈があることを理解しましょう。
スポンサーリンク

 

タロットカードの構成

タロットカードにも色々ありますが、基本的には78枚で構成されています。

 

大アルカナカードが22枚・小アルカナカードが56枚です。
56枚のカードのうち、16枚は人物カードでコードカードとも呼ばれています。

 

この56枚は4つのスート、カップ・ワンド・ペンタクル・ソードを元に構成されています。こういったタロットカードの中で1枚でも欠けてしまうと、正確に占うことが出来ません。

 

これらのスートは、四元素を意味しています。
四元素というのは、水・火・地・風(大気)を意味します。

 

火=魂=ワンド=能動的=春・水=感情=カップ=受動的=秋・風=思考=ソード=能動的=夏・地=物質=コイン=受動的=冬といったような解釈をします。

 

カードの解釈は占い師によって異なりますが、大まかな意味は決まっています。基本的には、タロットカードはこのようなカードの構成となっています。

 

一部で違う構成になっているカードもあるようですが、基本的なカードの構成を覚えておくとよいでしょう。
スポンサーリンク

 

タロットのシャッフルとカット

タロットは占う前に、シャッフルとカットという行為を行う必要があります。
まずはタロットを混ぜるシャッフルですが、テーブルの上にカードを広げます。そして、両手を使って、ぐるぐると混ぜ合わせます。

 

タロット占いでは、カードの絵柄の位置も重要になってきます。
ですから、しっかりと混ざるように占う内容を考えながら混ぜるようにします。どこで混ぜ終わりと考えるかは、気持ちの上でひと段落した状態でかまいません。

 

次にカットですが、カットはシャッフルしたカードをひとまとめにします。
ひとまとめにしたカードの下半分を抜き取り、上に重ねるようにします。この行為を何度か繰り返して、カットは終了です。

 

ここまでのシャッフルとカットの行為を行ってから、占いに入ります。
占いの方法によっては、シャッフルを占い師ではなく本人に行ってもらう場合もあります。
あくまでも基本的なシャッフルとカットなので、別の方法もあります。
スポンサーリンク

気になる悩み